スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

テレビ・新聞が伝えない被災地の現状~避難者と避難先

 昨年の3月に東日本大震災が発災してから、一年半が経過し、間もなく二度目の冬を迎えようとしています。
 復興に関する予算が流用され、まったく関係のない事業等に使われていた、というニュースは、ご記憶に新しいと思います。また、年度単位で使われる予算が実は余っていた、などというニュースもありました。
 それらのニュースに触れて、憤った方も多いのではないでしょうか。

 ところで、実際の被災地の復興状況はどうなっているのでしょうか。
 復興庁が先月、10月16日に発表した、「復興の現状と取組」という資料を見たところ、発災より一年の段階で発表された資料のデータより、若干状況が進んでいるように見えます。しかし、もし復興予算が正しく使われていたならば、という思いは拭いきれません。
 以下は、復興庁の資料より、気になる点を幾つか抜粋し、グラフ化したものです。

H24/10/16復興庁発表【復興の現状と取組】参照

●避難者数と避難先について(全国)

平成24年10月4日現在
避難者総数:326,837人

<避難先の内訳>
◆避難所:186人
◆住宅等:310,385人

<避難先が住宅等の内訳>
◆公営住宅:29,822人
◆民間住宅:162,056人
◆仮設住宅:113,956人

hinansaki.jpg


<都道府県別避難先>
◆宮城県:114,787人
◆福島県:99,229人
◆岩手県:41,969人
◆山形県:11,406人
◆東京都:9,222人
◆新潟県:6,366人
◆茨城県:5,844人
◆埼玉県:4,261人
◆その他:33,789人

hinansaki_kenbetsu.jpg


 避難先の約50%が民間住宅であるということは、国や自治体の対策の遅れを表しているのではないでしょうか。また、震災から1年半経過しているにもかかわらず、いまだに仮設住宅を利用している方が11万3千人もいるという現状には愕然とします。
 都道府県別の避難先を見てみると、特に被害の大きかった被災3県=岩手・宮城・福島以外へ避難されている方が、7万人を超えています。
 その中には、移住先に留まる決意をされた方もいるでしょう、いつかは地元に戻りたいと願う方もいるでしょう。決意せざるを得なかった事情と、戻りたいと願う方たちの心情を思えば、一日も早い復興を、と強く願ってやみません。



(グラフ作成:全都道府県の声を伝える会)
(文責:全都道府県の声を伝える会)
スポンサーサイト

Tag:被災地  Trackback:1 comment:1 

プロフィール

全都道府県の声を伝える会

Author:全都道府県の声を伝える会
TVや新聞が伝えない地方の真実。
そんな地方の声を届けたい。

全都道府県の声を伝える会は
TVや新聞の偏向報道によって
正しく伝わらない地方の現状を
周知することが目的の会です。

ご連絡は下のメールフォームを
ご利用して頂くか
tsutaerukai@gmail.com
までお願い致します。

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。